本学に多く寄せられる質問をQ&Aとしてまとめました。以下をお読みになって、わからないことやもっと詳しく知りたいことが出てきたら、お気軽に入試課にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-24-4424
Email:nyuushi@catherine.ac.jp

Q,受験について

pagetop

Q,学生生活について

pagetop

Q,資格・就職について

pagetop

学内を見学したいのですが可能ですか?

大学、短期大学部合同の『オープンキャンパス』を毎年開催し、学内見学や各学科の紹介を行っています。ぜひご参加ください。
また、それ以外の日でもキャンパスの見学は可能ですので、希望される方は入試課へお問い合わせください。

オープンキャンパスについてはこちらをご覧ください。

進学相談会に参加したいのですが・・・?

各地で行われる会場形式の相談会に本学も参加しておりますので、皆さまのお住まいの地域に近い会場で行われる際はぜひご参加ください。
また、それ以外の日でもキャンパスの見学は可能ですので、希望される方は入試課へお問い合わせください。

会場形式相談会についてはこちらをご覧ください。

社会人入試制度はありますか?

大学・短期大学部ともに社会人入試制度があります。
大学では長期履修制度を設け、仕事や家事のある方の就学に配慮しています。
また短期大学部では、入学時に満25歳以上の方は学納金のうち授業料の半額を免除しております。
詳しくは入学試験要項でご確認ください。

入学試験要項など資料のご請求はこちらから

大学の第3年次編入学試験は、一般の短大からも受験できますか?

福祉系、保育系の短期大学でなくても、本学社会福祉学部への編入学は可能です。
なお、卒業された短期大学で修得した単位のうち、編入学後の既修得単位として、54単位以内を卒業単位として一括して認定します。

第3年次編入学についてはこちらをご覧ください。

大学の第3年次編入学試験は、専門学校からも受験できますか?

次の条件をすべて満たしていれば可能です。

  1. 修業年限2年以上で、総授業時間数が1,700時間以上の文部科学大臣より認定された専修学校専門課程修了者。
  2. 学科の分野や履修内容に整合性があると認められる課程(福祉系、看護系、保育系等)の修了者。

第3年次編入学についてはこちらをご覧ください。

入学試験会場の下見はできますか?

大学・短期大学部とも、本学での試験では試験前日に試験場を確認することはできますが、場内への立ち入りはできません。
試験会場については、こちらをご覧ください。

試験はマークシート式ですか。それとも記述式ですか?

大学・短大ともにすべて記述式です。

聖カタリナ大学の奨学制度について教えてください。

どんな通学方法がありますか?

本学の学生は、バス、電車、自動車、バイク、自転車などで通学をしています。
公共交通機関で通学される方には、通学定期購入証明書を学生支援課で発行しています。
また学内には学生駐車場、駐輪場が整備されており、自動車やバイクでの通学が可能です。

自動車やバイクでの通学に条件はありますか?

北条キャンパスは、自動車通学が可能です。ただし、学内の駐車場の台数に限りがあるため、自宅が公共交通機関を利用するには不便な場所にあるなど、自動車を利用すべき事情のある方を優先して許可を出しています。
また、松山市駅キャンパスは学内への自動車通学はできません。
なお、両キャンパスともバイク通学は申請をすれば無条件で許可されます。

学生寮はありますか。また下宿を紹介してもらえますか?

北条キャンパス内に、女子専用の学生寮 『いずみ寮』 (63名収容)があります。各部屋には、ベッドや机、クローゼットがあり、全室個室になっています。
大学周辺の下宿の情報が欲しい方には、「宿所一覧」を送付しています。学生支援課に資料を請求してください。

授業時間帯を教えてください。

授業時間帯は、以下の通りです。
1日は4時限ですが、学科・曜日によって5時限目が入る時があります。
また、土曜日・日曜日は休みですが、集中講義などを行うこともあります。

  1時限 2時限 3時限 4時限 (5時限)
月曜日~金曜日 8:50
~10:20
10:30
~12:00
13:00
~14:30
14:40
~16:10
16:20
~17:50

卒業後のUターン就職は可能ですか?

もちろん可能です。
大学・短期大学部ともに、できる限り出身地域や親元で活躍の場を得ることができるよう、学生の地元の施設で学外実習を行ったり、また就職指導においても地域の就職セミナーへの参加を促したり、地域の就職情報を入手し提供するなどのバックアップを行っています。

資格取得のための対策講座は行っていますか?

大学では社会福祉士・精神保健福祉士や教員採用試験、短期大学部では、認定試験に合格することが必要な資格については対策講座を行い、取得のサポートをしています。

pagetop