中学・高等学校教諭一種免許状(保健体育)が取得可能!

学びの特色

健康づくりに関する指導者を養成

安全で効果的な運動を実施するためのプログラム作成や、その計画の調整を行う「健康運動指導士」、健康づくりの運動指導を行う「健康運動実践指導者」などの資格取得を目指し、健康の維持・増進を担う指導者の養成を行います。健康増進産業(フィットネス産業)はもちろん、運動型健康増進施設や自治体、福祉施設、健康機器産業など、幅広い分野で求められている人材を養成し、健康的で豊かな社会の実現に貢献します。

学内に生涯学習の拠点を設置

学内に設置されたヘルスプロモーションセンター〈サルーテ〉は、講義フロアとトレーニングスタジオを隣接させたスポーツジム施設です。広いフロアには数多くのトレーニングマシンが完備され、学生が実践力を磨く場として活用されています。また、一般開放も行われており、地域のたくさんの方々が健康増進や競技パフォーマンスの向上など、それぞれの目的に合わせて利用しています。地域に開かれた生涯学習の拠点として、コミュニティの形成にも役立っています。

中学校・高等学校の保健体育教員を養成

健康スポーツ学科では、人々の健康を維持、増進するための指導や、スポーツに関する知識・技術の習得、健康社会づくりに貢献する社会学をもとにした教育研究などに取り組んでいますが、その学びを発展させ、中・高校生の運動能力を向上させる技術と知識を兼ね備えた保健体育の教員養成も行います。中学校・高等学校の保健体育教諭の免許取得に必要な教職科目を揃え、将来、教育者としても活躍できる人材を養成します。

pagetop

取得可能な資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状保健体育
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 障がい者スポーツ指導員初級
  • 社会調査士
  • 健康運動指導士受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • 社会福祉主事任用資格
  1. ※ 教職課程の再課程認定を申請中です。文部科学省における審査の結果、予定している開設時期が変更となる場合があります。

pagetop

目指せる進路

  • 健康増進産業(フィットネス産業)
  • 自治体(運動指導者)
  • 福祉施設(運動指導者・介護予防)
  • 一般企業など
  • 運動型健康増進施設
  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • 健康機器産業

pagetop

授業紹介

生理学・運動生理学I・II

スポーツ競技者あるいは指導者にとって必要な生理学的知識を養います。基礎だけでなく、最新トピックスや、視覚、聴覚、平衡感覚、触覚、圧覚、運動感覚などの視覚システムを理解し、呼吸循環器や血液の動きも学習します。

スポーツ社会学概論

現代スポーツは社会や生活の多くの領域に関連してきており、その影響力はますます多様化し増大しています。オリンピックや市民マラソンなどのイベント、学校運動部、スポーツクラブなどの集団、スポーツと健康の問題等における光と影について学びます。

健康スポーツインターンシップ

地域で活躍する愛媛マンダリンパイレーツおよび愛媛FCアカデミー等と連携した就業体験プログラムです。広報活動や地域貢献イベントの企画、公式戦運営時のアシスタント業務を体験し、さまざまなニーズや問題への対応能力を磨きます。

トレーニング実習

代表的な上肢や下肢のトレーニングを正しく行えるようになることを目的とします。またトレーニングプログラム立案の体験を通して、全体像を捉えたメニューの配置を学びます。実技学習により使用する筋を正確に把握するとともに実技指導のポイントを学びます。

pagetop

関連リンク