学びの特色

3系統に分かれ専門的に福祉を探求

これまでの「コース制」から「系統分け」に移行し、より深く、多彩に福祉を学べる体制となりました。2年次より「福祉実践系」、「精神保健福祉系」、「福祉マネジメント系」の3系統から、それぞれの専門分野を探求します。「福祉実践系」、「精神保健福祉系」には、それぞれの分野で活躍するソーシャルワーカーに必要な科目が、「福祉マネジメント系」には、福祉業界はもちろん、学んだ知識や技術を活かして一般企業で活躍するために必要な科目が揃っています。

幅広い分野で活躍する専門職を養成

地域包括支援センターなど福祉関係の施設はもちろん、医療施設や社会福祉協議会、児童相談所、福祉ビジネス業界など、幅広い分野で活躍できる専門職を養成します。これからの福祉社会に必要な科目で構成されたカリキュラムは、内容も充実。1年次には福祉の基礎を総合的に学び、2年次か らは進路や資格取得、探究したいテーマに応じて必要な科目を自由に選択。3年次の実習で大学での学びを実践し、4年次には国家資格取得を目指します。

行政・福祉現場と連携した多彩な学び

社会福祉専攻では、福祉行政や福祉・医療施設、社会福祉協議会、専門職団体とのつながりを大切にしています。これらのネットワークを活かし、それぞれの現場で活躍している専門職の方々から直接講義を受けたり、地域のイベントや研修に参加したりすることもあります。通常の授業だけでは学ぶことのできない、実際の福祉の現場に沿った多彩な教育を受けることができます。

pagetop

取得可能な資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士注)国家試験受験資格
  • レクリエーション・インストラクター注)
  • 任用資格※資格内容は下記参照

注)いずれか1資格が取得可能

※社会福祉主事、児童福祉司(指定施設で1年以上の実務経験が必要)、知的障害者福祉司、身体障害者福祉司、家庭相談員

pagetop

目指せる進路

  • 福祉関係施設(社会福祉士・精神保健福祉士)
  • 社会福祉協議会(社会福祉士)
  • 病院・医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)
  • 病院(精神科ソーシャルワーカー)
  • 地域包括支援センター(社会福祉士)
  • 一般企業など

pagetop

授業紹介

福祉開発フィールドワーク

地域で活躍できるソーシャルワーカーを養成するために、社会福祉実習に「上乗せ」してフィールドで実践を行うプログラムです。中山間地や島嶼部に泊まり込んで「福祉のまちづくり」に取り組んだり、社会福祉法人と学生が連携して、「法人ができる地域貢献」を提案する等、単なる体験では終わらずに新しい資源を「創る」ことを目標にします。

精神保健福祉制度論I・II

精神障がい者や精神保健福祉の歴史、概念を学んだうえで、障がいを持つ人たちが、地域社会で暮らしていくために必要な具体的支援のあり方を学びます。精神保健福祉法と関連する各種法律、医療保険制度、雇用や所得保障についても理解を深めます。

災害福祉論

社会福祉の視点から、被災者の生活を支える支援方法を学習します。災害発生前には、高齢者や障がい者等の要援護者の被災予防や減災に向けた地域ネットワーク作りの方法を学び、災害発生後は、被災者の生活再建に向けた自立支援のあり方を学びます。

ボランティア論

講義とグループワークを通じて既存のボランティアを種類別に分類し、それぞれの活動の意義を学びます。また、実際のボランティア活動を通じて、ボランティアの基本理念・意味・あり方について整理し、理解することを目的にしています。

pagetop

関連リンク