松山市中心部の新キャンパスに看護学科を開設。
利便性抜群の新校舎で地域医療を担う看護師に。

専門的判断力と実践力を有する質の高い看護を学び、
地域に支えられ、地域に貢献するあたたかな看護師を目指す。

聖カタリナ大学は昭和63年の開学以来、キリスト教的人間観に基づき健康福祉社会の実現を目指して教育を行ってきました。その精神に則り、2017年4月、人間健康福祉学部に看護学科を開設しました。高齢化や医療の高度化・多様化が進むなか、患者さんの療養の場は、病院を起点に地域や在宅へと広がりを見せています。看護学科では、現代の様々な医療現場に対応しうる最新の医療知識と高度な看護スキル、豊かな人間性を持った看護師を育成します。

看護学科の学びの特色

福祉系大学の教育資源を活かした看護教育

看護学科が設置される人間健康福祉学部では、看護教育と関係の深い社会福祉学、介護学、心理学、社会学、健康スポーツ学などを専門とする教員が教育を行っています。看護学科では、看護学を専門とする教員はもとより、これら看護教育と関係の深い学問を専門とする教員による教育によって幅広い看護の学びが可能です。

地域包括ケアを担う看護師・保健師の養成

地域住民の療養生活を支える在宅看護に関する基礎的能力を修得し、地域住民や多様な専門職との連携ができる看護師の資格が取得できます。また、地域の健康ニーズの担い手として期待される保健師(選択制)の資格も取得できます。

松山赤十字病院との協力協定に基づく看護教育

松山赤十字病院との協力協定に基づき、充実した指導体制の下で臨地実習が行われます。臨地実習は、松山赤十字病院を中心として行い、地域医療はもとより国内外の災害救護に関わる看護教育を受けることができます。また、日本赤十字社の認定資格(日本赤十字救急法救急員他)の取得も可能です。

pagetop

松山赤十字病院奨学生

松山赤十字病院の奨学生として、地域医療に貢献する人材を目指す

本学は松山赤十字病院から、協力協定に基づき1学年につき15名以内の枠で「病院奨学金制度」を設けていただいています。奨学生に選ばれた方には卒業までの最長4年間、月額5万円が貸与されます。奨学生が看護師の免許を取得し、卒業後直ちに松山赤十字病院において貸与を受けた期間を勤務した場合、奨学金の返還は全額免除されます。
※松山赤十字病院奨学生の申請は入学後に受け付けます。詳しくは入試課にお問い合わせください。

pagetop

キャンパスライフ

全ての授業を「松山市駅キャンパス」で受講可能

愛媛県松山市の中心部、伊予鉄道「松山市駅」から徒歩1分の好立地に「聖カタリナ大学松山市駅キャンパス」はあります。看護実習や、入学式、卒業式などのイベントを除き、看護学科の授業はすべて松山市駅キャンパスで開講しているため、授業のために学生が北条キャンパスに移動する必要はありません。
近隣には大型商業施設や医療施設などがあり生活環境も抜群です。市内電車や高速バスのターミナルなど交通アクセスも良好な都市型キャンパスで、充実した4年間のキャンパスライフを過ごせます。

最新の設備が整い、学生生活の充実にも配慮した新校舎


「聖カタリナ大学松山市駅キャンパス」に建設された看護学科新校舎は、それぞれ地上5階建ての講義棟と研究棟の2棟からなり、基礎、母性・小児、成人・老人、在宅など領域別の実習室を完備しています。また、200名収容可能な大講義室では、市民講座やフォーラムも開催しています。更に、講義棟1階には医学書を中心とした図書館を設置し、教育研究活動に役立てるとともに、一般へも開放するなど地域医療の情報発信基地としても活用します。 学生ラウンジや学生専用ロッカーも完備し、キャンパスライフを快適に過ごせる空間となっています。

pagetop

将来

看護師・保健師として地域の健康福祉社会の実現を目指す

看護師には、医師やその他の医療スタッフと連携し、患者の方々の日々の変化を細やかに見守り、専門的知識と五感で判断する高度な能力が必要です。一方で、超高齢社会に伴い、質の高い医療を望むとともに、住み慣れた地域で自分らしく生活しながら療養したいと希望する人々が増えており、そのような人々を支援する社会福祉施設、訪問看護ステーション、在宅医療など幅広い領域で看護師のニーズが高まっています。
看護学科では、そのような現代の様々な医療現場のニーズに対応するために、最新の医療知識と高度な看護スキルはもちろん、豊かな人間性を兼ね備えた看護師を育成します。更に、病気の予防や健康増進・管理のために保健指導や相談業務、日常生活支援などを行うことで、地域の健康ニーズの担い手となる保健師の国家資格も取得できます。
4年制大学ならではの充実したカリキュラムを通じ、人間健康福祉学部の教育目的である健康福祉社会の実現を目指した人材育成を行います。

pagetop

取得可能な資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格 ※選択制

pagetop

目指せる進路

  • 病院・診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 高齢者施設
  • 保健所・地域包括支援センターなど

保健・医療・福祉の幅広い現場で活躍が期待されます。

pagetop

授業 Pick Up!

看護倫理

看護実践における倫理的意思決定や倫理的諸問題に対応できる基礎的能力を習得します。事例学習を通して、看護専門職として不可欠な倫理的感受性を培います。3年次の学内学習(講義・実技)では、グループ学習が多くなり、クラスメイトと助け合って課題を解決していくことが多くなります。

地域連携統合実習

地域包括ケアの対象者とその家族がおかれた環境の変化ならびに環境の調整と看護援助について、各看護学を通した学びを統合しながら、地域包括ケアの実際を学びます。臨地実習の最終段階として、広い視野で看護の役割と機能、今後の課題を考えていきます。地域医療支援病院である松山赤十字病院および既存学科との連携により実践できる、本学看護学科だからこそ実現した実習です。

成人・老年看護学実習I~III

3年次後期からは約1年間、臨地での各領域別実習が始まります。成人・老年看護学実習では、手術や救急処置を必要とする時期、病気や障がいとうまくつきあいコントロールする時期、その人らしい生活の再構築を図る時期にある成人期・老年期の人の健康上の課題に着目し、病院、高齢者施設で先輩ナースの支援を受けて看護を実践していきます。臨地実習は多くの出会いがあり、4年間で最も充実感があり大きく成長します。

看護研究II

3年次には看護研究Iとして、看護研究のきほんの「き」を学びます。これまでの各領域での学びや興味、看護研究Iで学んだ研究方法を参考に、自分が探求したい看護研究のテーマを選び、担当教員の個別指導を受けながら、実際に看護研究を行い卒業研究としてまとめます。科学的思考を培うことができると同時に、看護の魅力を発見し、ますます看護が好きになる看護研究を目指しています。担当教員からは講義では聞けないエピソードも数多く聞くことができる楽しみがあります。

pagetop