学びの特色

感性を豊かにする表現力の高い人材を養成

遊ぶ術をたくさん持っているということは、それだけで子どもたちの感性を豊かにするということ。音楽表現や身体表現、造形表現など、表現力を高める科目を多数用意しています。講義と実技でバランスよく学び、子どもたちの好奇心を引き出す能力を養います。充実したカリキュラムにより培われた高い表現力は、1年次の後期から始まる実習でさらに磨かれ、将来、保育の現場ですぐに活躍できる人材へと導いてくれます。

充実した現場実習と構内施設で保育を体感

幼稚園や保育所、施設での実習を2年間で5回行っています。また、実習以外でも構内に設置された附属幼稚園や子育て支援ひろば〈ぽけっと〉で子どもたちと遊んだり、保護者の方と接したりする機会を設け、保育の現場を身近に感じられるようにしています。保育について専門的な知識や技術を学ぶだけでなく、現場実習や構内施設で実際に保育を体験することによって、保育の現場を深く理解し、より実践的な学びを得ています。

クラス担任制を導入し個性に応じた学習を支援

学生と教員が親しく交流できるように、クラス担任制を導入しています。学生生活上の悩みには、相談窓口として「サポートルーム」を設置し、授業や現場実習、就職などについて丁寧に対応しています。学生と教員の距離を縮め、学生一人ひとりをよく理解し、自己実現へ向けた学習支援を整えています。

pagetop

取得可能な資格

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • レクリエーション・インストラクター
  • 保育士
  • 社会福祉主事任用資格
  1. ※ 教職課程の再課程認定を申請中です。文部科学省における審査の結果、予定している開設時期が変更となる場合があります。

pagetop

目指せる進路

  • 幼稚園(幼稚園教諭)
  • 児童養護施設(保育士)
  • 4年制大学への編入(教育系、福祉系)など
  • 保育所(保育士)
  • 障害児・障害者施設(保育士)

pagetop

授業紹介

指導法(身体表現)

子どもの発達段階に即した身体的な表現活動への援助や技術を学びます。グループで音楽を主体にした振り付けや歌遊びを創作し、模擬保育を実施。保育現場での運動会ダンスやオペレッタを創作、発表し、ノウハウを学んでいきます。

教育原理

教育の意義や目的、児童福祉などとのかかわりについて学びます。教育の思想や歴史を通じて教育の基礎的な理論を習得し、それらの全体像を把握したうえで、子どもを取り巻く環境や発達過程、遊びについても学びます。

インクルーシブ教育総論

インクルーシブ教育システムを含めた特別支援教育に関する理念・制度を理解するとともに、障がいのある幼児・児童の支援の在り方を学びます。また、世界のインクルーシブ教育の現状をみながら、我が国のインクルーシブ教育について一緒に考えていきます。

子どもと音楽表現

保育に必要な音楽の基礎知識の修得をめざします。豊かな音楽表現ができるようになるために、音楽理論を中心にソルフェージュやキーボード演習、さまざまな子どもの歌の歌唱を行い、表現力を高めていきます。

pagetop

関連リンク